大阪府の新築一戸建てを仲介手数料無料でご紹介

ルームシェアってどうやって申し込んだらいいの?

ルームシェア



こんにちは「ゼロ住まいる」の田中です。



今回の質問は、ルームシェアに関してです。


よく耳にする言葉ですが、実際にしてみた人は少ないと思います。


複数の人間が一緒に住むので、ルールなどをきっちり決めておかないとトラブルの元になります。

それでは質問に答えていきましょう。

QUESTION



友達と3人でルームシェアをしようと思っています。


一人で契約する場合と、何か違う点があるのでしょうか?


また、ルームシェアをする上での注意点があれば教えて欲しいです。

ANSWER



契約方法によっては、一人で契約する場合と契約の仕方が変わります。


また、初めに決めておい方が良いことはたくさんあります。

ルームシェアの契約方法



ルーシェアの場合、代表者だけが契約する方法と、居住者全員が契約者となる契約方法(連名契約)があります。

代表者だけが契約する場合



居住者のうちの一人が、代表者となって契約を結ぶ方法です。

代表者契約のメリット

  • 契約がシンプル

  • 必要書類が少なくて済む


  • 契約者が居住している限り、メンバーが変わっても、契約を結びなおす必要がない。

代表者契約のデメリット

  • 家賃の延滞が起きた場合、契約者だけが支払い責任を負ってしまう

  • 退去時の原状回復についても、契約者のみが責任を負う

居住者全員が契約する場合(連名契約)

居住者全員が契約するメリット

  • 家賃滞納や原状回復の費用は全員に請求が来るので、だれか一人が負担することがない。

居住者全員が契約するデメリット

  • 契約者の内だれかが退去すると、契約の変更が必要になる。

  • 契約者全員に保証人が必要になる。

ルームシェア契約の注意点



二つの契約方法を紹介しましたが、実際には連名契約しか受け付けていない物件がほとんどです。



そして、大家さんは比較的高齢の方が多いので、若者が数名で部屋を借りると、騒音などの近隣トラブルを起こしそうと考えるので、ルームシェアを受け付けてくれる物件は非常に少ないです。


そして連帯保証人ですが、賃貸契約全体についての保証となるので、例えば4人での契約であっても、全員が全額についての責任を負うので、負担が4分の1になるというわけではありません。


はじめに決めておいたほうがよい事



複数の人間が一緒に暮らすので、後々のトラブル予防の為に次の点についてルールを決めておきましょう。

  • 家賃の支払い日

  • 掃除・ゴミ出しの当番

  • 喫煙か禁煙か

  • 部屋への他人の入室

  • 部屋を退出する時の取り決め

まとめ



今回はルームシェアについての質問にお答えしました。


複数人が住むのでトラブルも起きる可能性は高くなりますが、うまく使えば一人で借りられない家賃の部屋に巣もことが可能になります。


この記事を参考にして、うまくルームシェアを利用してください。



「モチカリ」は自分で見つけたお部屋を持ち込むと、仲介手数料が無料になる新しいお部屋探しのカタチです。