大阪府の新築一戸建てを仲介手数料無料でご紹介

新築一戸建を購入する時に記入する「購入申込書」について

購入申込書



こんにちは「ゼロ住まいる」の田中です。




本日は仲介手数料無料の新築一戸建て子購入する時の「購入申込書」(よく「買付証明」と呼ばれます)についてお話ししたいと思います。


賃貸住宅を借りる時も「入居申込書」を書くので何となくイメージがつくかとは思いますが、この申込書を書くときに気を付ける点を守らなけらば重大なトラブルにも繋がりかねないので注意して下さい。

これがゼロ住まいるの購入申込書です。

購入申込書

不動産購入申込書とは

売買契約書とは別の物です


購入申込書は、「この条件で購入したい」と売主に物であって売買契約書とは別の物です。


値段や引き渡し時期等の交渉を行い条件が整い次第契約になりますので、条件によっては売主が断ることもあります

不動産購入申込書を書くタイミング



先ほど購入申込書が売買契約書とは別の物と書きましたが、その最大の違いはキャンセルする事が可能で、キャンセルしても特にペナルティはありません


売買契約を締結した後に解約すると、手付金の放棄だったり、場合によっては違約金が発生します。


しかしここで注意して頂きたいの点は、購入申し込みをして売主が承諾した時点で、関係者が契約に向かって動き出すという事です。


売主は広告の掲載をやめて、他の不動産会社の案内を断ります(販売活動を休止、これは各売主によって違います。売主によっては売買契約締結まで販売活動を続ける事もあります。)


仲介業者と売主で売買契約書と重要事項説明書の作成、契約の日程調整等


勿論、キャンセルしてもペナルティはありませんので、キャンセルしても大丈夫ですが、

・あまり気に入ってないけど、とりあえず物件を押さえたい

・不安な点があるけど、とりあえず申し込みをして物件を押さえよう


ということは絶対やめておいたほうがいいです。


仮にキャンセルをして、次に気に入った物件が見つかった時にそ物件がキャンセルした売主の会社の物かもしれませんし、仲介業者との関係も何となくギクシャクしてしまうかもしれません。


不動産会社によっては、
「この物件は人気なのですぐに売れてしまう」
「とりあえず、申込書を書いて物件を押さえましょう」
と言って申し込みを迫ってくる営業マンもいますが、確かに物件によっては他の方が先に申込書を書くかもしれません、しかし不安な点が残っている状態で売買契約を迎えられるはずがありません


なので、焦る必要はありません、不動産購入申込書を書くタイミングは「購入に対しての不安がなくなり、購入の意思が固まった時」です。

記載する内容

売買価格


購入希望金額を記入します。

通常、金額交渉は口頭ではなく購入申込書で行います。
申込書を書く前に交渉しても売主側はあまり相手をしてくれません

手付金


売買契約時に支払うお金です。
通常物件価格の5%~10%ですが、50万円か100万円くらいが多いです。
逆に50万以下というのはほとんど見たことがありません。

売買契約締結日


売買契約締結の希望日を記入します。

売主側は申し込み撤回のリスクもあるので、できるだけ早い日程を希望してきますが、買主様のスケジュールもありますので、双方交渉の上決定します。

遅くとも申し込みから1週間以内に設定します。

引渡し日


物件の引き渡し希望日を記入します。

新築で完成済みですと大体契約日から3週間から1か月に決定することが多いです。

住宅ローンの利用有無と借入予定額


不動産を購入するにあたって住宅ローンを利用するかどうかを記入します。

利用する場合は大体の住宅ローン希望額を記入します。

その他備考、条件など


今のお住まいからの住み替えの場合、買い替え特約を希望する旨を記載したりします。

売主によっては買い替えの特約などは一切認めない会社も結構あります。(その場合は別の方法がありますのでご相談ください)

購入申し込みが二番手になってしまった時の優先順位



もし購入申し込みを提出した時に、先に違う方が購入申し込みをしていた場合は2番手の扱いになってしまいます。


もちろん優先順位は1番手の方にあるので、売主が1番手の方と契約してしまえば、その物件を購入することは出来なくなります。

2番手でも購入できるケースは

  • 1番手の方がローンの審査に落ちる(もしくはローンの事前審査に時間がかかっている)
  • 1番手の方の申込条件がこちらより悪い(価格や引き渡し時期など)
  • 1番手の方が申し込みをキャンセルする

などが考えられますが、基本的にきちんとした仲介会社が出しているのであれば、ローンの内容も把握して購入意思も固まっているはずですので、二番手に回ってくる可能性は低くなってしまいます。

ですので、2番手になってしまった場合は買えたらラッキーくらいに思っておいた方がいいかも知れません。

購入申込金を支払う必要はあるのか?



仲介業者によっては申込金として10万程支払いを求めてくる事があります。

30年くらい前はこういった事は結構ありましたが、今は結構レアなケースだと思って下さい。

そのお金は売主のところにはいきません(売買契約書にも勿論記載されません)。

ただ仲介会社があなたを逃がしたくないだけです


もちろん、申し込みをキャンセルした場合は返還されるものです。

最後に


新築一戸建てを購入する時のには必ず記入する「購入申込書」ですが、

上にも書きましたが、キャンセルしてもペナルティはありません。

しかし、購入申込書を提出すると、その物件の関係者が契約に向かって動き出します。

ペナルティは無いといっても、キャンセルになると非常に迷惑が掛かってしまいます。

ですので、焦る必要はありません、購入申込書は不安材料が無くなってから記入するようにしましょう。

 

「ゼロ住まいる」は堺市を中心に南大阪の「新築一戸建て」「中古一戸建て」「中古マンション」を仲介手数無料で紹介するサービスです。

「気になる物件がある」「わからないことがある」という方は、いつでも時間を気にせずに、LINEで気軽に問い合わせて下さい。

 

 




電話番号072-248-6621
メールアドレスinfo@zero-smile.com
LINEこちらから友達登録をして下さい


株式会社ゼロ住まいる

〒590-0011
大阪府堺市堺区香ヶ丘町1丁10-27 丸栄マンション102
電話番号:072-248-6621


定休日:水曜日
営業時間:10:00~19:00


宅建免許番号:大阪府知事(1)第61397号
公益社団法人全日本不動産協会会員
公益社団法人不動産保証協会会員
公益社団法人近畿地区不動産公正取引協議会会員




コメントを残す