大阪府の新築一戸建てを仲介手数料無料でご紹介

変動金利と固定金利はどっちがメリットが多い?住宅ローンについて理解しよう!

固定金利と変動金利



こんにちは「ゼロ住まいる」の田中です。



住宅ローンにおいて、重要なポイントとなってくるのが金利です。


実際に、金利を第一に住宅ローンを比較検討しているという方も多いのではないでしょうか?


ただ、住宅ローンの金利にはふたつの種類があります。


ズバリ、変動金利固定金利です。


ここでは、変動金利固定金利それぞれのメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

変動と固定の違いとは、わかりやすく解説



「変動金利」と「固定金利」の違いについてですが、分かりやすく言うと、


借入をする時の金利は安いが、将来金利が上昇して支払い金額も増えるリスクがあるのが「変動金利」で、借入時の金利や月々の支払は高いが、完済までずっと一定の支払が続き、支払金額の増加などのリスクが無いのが「固定金利」になります。


すこし前は、固定金利を利用する方はかなり少なかったですが、今はかつてない程住宅ローンの金利が安いので、固定金利を利用する方も増えています。

変動金利



まずは住宅ローンにおける変動金利についてお話していきましょう。


変動金利というのは文字通り、住宅ローンの返済中に定期的に金利が変動するタイプのものを指します。


金利だけ見ると低く設定されているのですが、金利の見直しで金利が上がれば返済額も増える形になります。


金利の見直しに関しては、基本的に半年ごとになります。ただし、半年ごとに返済額が変わるわけではなく、返済額の変更自体は5年ごとにおこなわれるのが一般的のようです。

変動金利のメリット



先でもお話しましたように、変動金利の場合には金利が低めに設定されています。


これがメリットになります。


また、金利が変動していく変動金利ではあるものの、金利が上昇しないという可能性もあります。


その場合には低金利での負担の少ない住宅ローンの返済をおこなっていくことができます。これも変動金利におけるメリットと言えるでしょう。


変動金利のデメリット



変動金利におけるデメリットとしては金利上昇のリスクが挙げられます。


もちろん、専門家に今後の金利の予想を尋ねることもできるのですが、基本的に金利を正確に予測することは誰にもできないでしょう。


特に今のような世の中ではいつ何が起こるかわかりません。


将来的に金利が予想外に上昇してしまった場合、返済額も増えて返済が厳しくなってしまうでしょう。


これもデメリットになってきます。

固定金利



では、次は住宅ローンの固定金利についてお話していきましょう。


もうお察しの方もいるでしょうが、固定金利というのも文字通り、金利が固定されているタイプのものを指します。


あらかじめ決められた期間において、住宅ローンを借り入れたときからの金利が固定できるのです。


固定金利期間中は基本的に世の中の金利水準がどれだけ上昇したとしても、その金利が見直されることはありませんので住宅ローンの返済額は変わりません。


固定金利にはさらに固定金利期間を選べる固定金利期間選択型と全期間固定金利型があります。

固定金利のメリット



固定金利のメリットとしては、金利が固定されている安心感という部分が挙げられます。


変動金利の場合には「金利が上がるかもしれない」という不安を抱えることになりますが、固定金利であればその不安はありません。


最初から金利が固定されているので、金利の上昇を心配する必要がないのです。


それに金利が固定されているからこそ、返済の計画が立てやすいという部分もあります。


住宅ローンに限らず、借り入れをするときには計画的な利用が求められます

固定金利のデメリット



デメリットとしては、金利が高めの設定となっている金利が挙げられます。


変動金利は金利が低めに設定されているという部分がメリットになっていたのですが、固定金利の場合には最初から金利が高めに設定されています。


変動金利と比較すると、その違いに驚くでしょう。


さらに、今後低金利になっていけば変動金利よりも多めの返済額になってしまう可能性もあります。これも固定金利のデメリットと言えるでしょう。


月々の返済金額の比較表



変動金利と固定金利で借り入れした場合の、月々の返済金額を比較してみましょう。


※借りれ期間35年、元利均等返済で算出しています

固定金利(1.28%)変動金利(0.675%)
2,000万円59,104円53,479円
2,500万円73,881円66,848円
3,000万円88,657円80,218円
3,500万円103,433円93,588円
4,000万円118,209円106,957円



やはり変動金利の方が月々の支払金額が少ないですね。


しかし、ここで注意が必要なのは変動金利は、金利が上昇すれば固定金利よりも支払金額が高くなる可能性があるという事です。

大切なのは自分に合った金利タイプを選ぶこと



住宅ローンにおける変動金利と固定金利のメリットとデメリットについてお話しましたが、「結局、どっちを選ぶのが正解なの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。結論から言ってしまうと、正解はひとりひとり違ってきます


例えば、資金的に余裕があるならば多少のリスクがあってもお得になる可能性に賭けて変動金利にしたほうがいいかもしれませんし、とにかくリスクを回避して計画的に返済していきたいのであれば固定金利のほうがいいかもしれません。


考え方や収入、借り入れる額は人それぞれ違ってきますので、自分に合った金利タイプを選ぶことが大切なのです。

まとめ



住宅ローンには変動金利と固定金利がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあって一概にどちらがいいとは言えません。


住宅ローンでどれだけの借り入れをするのか、どれだけの収入があるのかなど自分の状況に応じて、自分に合った金利タイプを選ぶようにしましょう。

 

「ゼロ住まいる」は堺市を中心に南大阪の「新築一戸建て」「中古一戸建て」「中古マンション」を仲介手数無料で紹介するサービスです。

「気になる物件がある」「わからないことがある」という方は、いつでも時間を気にせずに、LINEで気軽に問い合わせて下さい。

 

 




電話番号072-248-6621
メールアドレスinfo@zero-smile.com
LINEこちらから友達登録をして下さい


株式会社ゼロ住まいる

〒590-0011
大阪府堺市堺区香ヶ丘町1丁10-27 丸栄マンション102
電話番号:072-248-6621


定休日:水曜日
営業時間:10:00~19:00


宅建免許番号:大阪府知事(1)第61397号
公益社団法人全日本不動産協会会員
公益社団法人不動産保証協会会員
公益社団法人近畿地区不動産公正取引協議会会員