大阪府の新築一戸建てを仲介手数料無料でご紹介

初めての方にもわかりやすく「住宅ローンの事前審査」を説明します

住宅ローンの事前審査

最終更新日



こんにちは「ゼロ住まいる」の田中です。





新築一戸建てを購入するときというのは、ほとんどの方が住宅ローンを利用することになります。


現金で一括というのは本当に限られた一部の方しかできないことなので、一般の方が住まいを購入できるのはこの住宅ローンのおかげといっても過言ではありません。


ただ、その住宅ローンも無条件で誰もが利用できるものというわけではありません。住宅ローンにも事前審査があるのです。


ここでは、住宅ローンの事前審査についてご紹介していきたいと思います。

住宅ローンの事前審査とは



住宅ローンというのは、簡単に言ってしまえば住まいを購入できるだけのお金を借りることです。


住まいというのは「人生におけるもっとも大きな買い物」と言われるくらいですから、住宅ローンで借り入れをする金額というのはかなりの規模となります。


もともとお金を借り入れるときには審査が必要になりますが、事前審査もそのひとつとなります。


一般的なカードローンなどであれば、基本的には審査は1回で済むでしょう。


しかしながら、借り入れをする金額の規模が大きくなる住宅ローンの場合には事前審査だけではなく、本審査も必要になります。


ちなみに、事前審査は「仮審査」と呼ばれることもあります。事前審査に通過し、その後の本審査にも通貨してようやく住宅ローンの利用ができるのです。


つまり、住宅ローンの事前審査というのは住宅ローンを利用するための第一段階と言えるのです。


住宅ローン自体はその物件が本人の所有物になったときに申し込むことができるのですが、売買契約後に住宅ローンが利用できないとなってくると大変です。


本人が困るだけではなく、売主や不動産会社にも迷惑をかけてしまうことになります。そうならないために、事前審査で先に確認をおこなっておくのです。


住宅ローンの事前審査を通過することができれば、住宅ローンを利用するための基準をある程度満たしていると判断できるわけです。


ただ、事前審査を通過したからといってすぐに住宅ローンの申し込みや契約ができるわけではありません。最終的な判断を下すために本審査が用意されているのです。


事前審査は申し込む金融機関にもよるのですが、早くて翌日、遅くて1週間くらいで結果が出ることが多いようです。


一方で、本審査になってくると提出する書類も増えてきますので、審査には1週間以上の時間が必要になります。

事前審査は遠回りのようで実は手間が省ける



本審査の前に事前審査をおこなうということで、中には「最初から本審査をすればええやん」と思う方もいるでしょう。

一見すると確かに事前審査は遠回りのように思えるかもしれませんが、実は事前審査によって結果的には手間が省けるのです。


というのも、先でもお話しましたように本審査では必要となる書類も増えて、複雑な手続きが必要になりますし、時間もかかるのです。


最初から住宅ローンが利用できないような状態で、本審査をおこなってもお互いに大変な思いをするだけになってしまいます。


その手間も時間も、もったいないです。

それに、新築一戸建ての場合、事前審査の承認が下りてからになるので、その間に気に入った物件が入れてしまうかもしれません。


事前審査があることによって、ザックリとではあるものの、ある程度の判断ができるようになるのです。事前審査があるからこそ、お互いに無駄な手間や時間を費やさずに済んでいるのです。


住宅ローンの事前審査における基準とは?



住宅ローンの事前審査が必要なものであるということはおわかりいただけたかと思います。


ただ、次に気になってくるのが事前審査の基準です。審査という以上は、やはり基準となってくるポイントがいくつかあります。


まず挙げられるのが住宅ローンを完済するときの年齢です。


基本的に住宅ローンというのは、長期間に渡って返済していくものになります。平均寿命が延びているとは言っても、だからといっていつまでも現役というわけにはいきません。


住宅ローンを組んだとして、完済するまでに無理なく返済していくことができるのかという部分が重視されることになるのです。


また、健康状態も大切です。元気に働き続けられるのかという部分も関係してくるのですが、もともとほとんどの金融機関で住宅ローンを契約するためには団体信用生命保険への加入を必須としているのです。


健康状態が悪ければ、言うまでもなく団体信用生命保険に加入することができません。


そうなってくると、そもそも住宅ローンの申し込み自体ができなくなってしまうのです。


そして、担保の価値も重視されます。仮に住宅ローンの返済ができなくなった場合、担保となっているものを売却することで金融機関は住宅ローンとして貸し付けた分を回収することができるのです。


担保の価値が低ければ貸し付けた分を回収できないので、やはり金融機関としては重視することになるのです。

住宅ローン事前審査の必要書類



各金融機関や状況によって多少違いがありますが、以下の物を揃えておけば大丈夫です。

  • 本人確認書類のコピー(運転免許証・マイナンバーカード)
  • 保険証のコピー
  • 収入証明書(源泉徴収票・確定申告書・課税証明書)
  • 事前審査申込書
  • 物件の資料

基本的に本人確認が出来るものと収入が分かるものが必要です。

物件の資料などは不動産会社が用意します。

住宅ローン事前審査に必要な期間(日数)


事前審査の必要書類を提出してから何日くらいで回答が返ってくるかと言いますと、時期などにもよって多少変動しますが、早ければ2~3日、遅くとも1週間以内には回答が返ってきます。


最近はオンラインでの事前審査を行っている金融機関も増えてきていますので、オンラインの場合、早ければ即日に結果が分かります。

住宅ローン事前審査後の本審査


事前審査の承認だけでは住宅ローンを借りることはできません。


その後に本審査と言われる審査が待っています。


通常の銀行ローンの場合、お金の借り入れやクレジットでの買い物をしていなければ、本審査で否決になるケースはほとんどないです。


必要になる書類が少し増える程度なのでそこまで心配する必要はないでしょう。

大体1週間ほどで結果が出ます。

まとめ



住宅ローンの事前審査というのは、一見面倒なようで欠かせないステップです。


重視されるポイントもいくつかありますので、まずは事前審査をしっかりとクリアできるように準備していきましょう。


 

「ゼロ住まいる」は大阪府を中心とした近畿一円の「新築一戸建て」「中古一戸建て」「中古マンション」を仲介手数無料で紹介するサービスです。

「気になる物件がある」「わからないことがある」という方は、いつでも時間を気にせずに、LINEで気軽に問い合わせて下さい。

 




電話番号 06-4977-0764
メールアドレス info@zero-smile.com
LINE こちらから友達登録をして下さい


株式会社ゼロ住まいる

〒547-0032
大阪府大阪市平野区流町1-1-3 山川ビル1階
電話番号:06-4977-0764


定休日:水曜日
営業時間:10:00~19:00


宅建免許番号:大阪府知事(1)第61397号
公益社団法人全日本不動産協会会員
公益社団法人不動産保証協会会員
公益社団法人近畿地区不動産公正取引協議会会員